各地域のパートナーをご紹介します

これまでの住宅業界の非効率性を改善しようと、全国の地域からメンバーが集まり、勉強会や情報交換をしています。

広島からスタートした『住宅CMサービス』が、各地域に広がり始めました。

このページでは各地域の運営者をご紹介して行きます。

【住宅CMサービス大阪】運営者紹介

住宅CMサービス大阪を運営するのは、NPO法人「信頼できる工務店選び相談所・求められる工務店会」(求工会)の理事長を務める板垣 優子(いたがき ゆうこ)さん

 

(株)イワイで長年、住宅関連業務に携わり、2007年、<信頼できる工務店選び相談所と求められる工務店会>(現在、NPO法人)を設立。『耐震診断士』の資格を普及させ、既存住宅の耐震化を規定にバリアフリー・省エネなど、住宅のリフォームの相談に乗ってきました。多くの方が「見積り出してくれる工務店を何件か紹介して!」とおっしゃって、合見積を取っても判断基準がわからないことがほとんど。その場には第三者で相談できるサポーターが絶対必要と考え、2012年<家づくりナビ大阪>を設立し、<住宅CMサービス大阪>の運営を開始。

 

本来、家づくりのプロジェクトリーダーは発注者で、信頼できるプロジェクトスタッフと共に、施主主導で進めるには、確かに施工業者の理念や思いにふれることも必要と考えます。ただ、業界にはたくさんの住宅の専門家がいますが、信頼できるサポートのプロがいなかった。「第3者のプロがアドバイスすることで基本性能をしっかりして無駄なコストを省けば、安くて満足のいく家がつくれるはず!」と確信し、『道先案内人』を務めることにしました。 長年の経験を活かせるのは幸せです。 「家を取得したいけど、何からはじめればいいのかわかりませんでした。このサービスを知ってやっとスタートできます。」と研修中に出会った若いご夫妻の言葉に《お役立ち》のエールをいただきました。

 

ブログはこちら→『家づくりナビ大阪

 

【住宅CMサービス千葉】運営者紹介

住宅CMサービス千葉を運営するのは、布施秀記(ふせ ひでき)さん。

 

千葉県出身

中央工学校建築設計科卒業

一級建築士・千葉県既存建物耐震診断士、千葉県被災建築物応急判定士

平成3年住宅の施工「かしの木建設株式会社」に入社 入社後すぐ鉄骨4階建て(自社ビル)の現場監督を杭工事の段階から担当最初は順調に進んだが、入りたての新人に務まるはずもなく、建具の施工時に大失敗をするそれから工事は遅れることに・・・そのあいまを縫い1〜2年目は確認申請図書の業務をこなすその後、木造の現場管理(実施打合せ〜引渡し)までの業務を担当木造が中心であったが、一通りの構造を学び、ここで建築の基礎を学ぶ 設計志望で入社したが、ここにその仕事はなく、やむなく退社
初挑戦で二級建築士に合格

平成9年住宅の設計「(株)カブト」に入社 入社後すぐ上司が退社し、小会社のため設計の責任者は自分となる計画段階の打合せ(主に外注の営業)〜確認申請図書が主な業務 まだ出始めの住建(現 WOOD ONE)の製品で金物工法を経験自身初となる設計、木造3階建て店舗併用住宅が完成WHCADで初めてCADを使用 営業不振のため解雇 

平成12年住宅の設計施工  千葉の不動産メインの建築部門に入社 ここでも、入社後すぐ上司が退社し、子会社のため責任者は自分となる計画段階の打合せ(主に施主)〜引渡しが主な業務始めのうちは社長ともうまく行っていたが、建物に対する姿勢についてゆけず退社 このころから、施工者のあり方に疑問を持ち始める 

平成13年住宅FC「(株)グリーンマインド」に入社 今までとは全く違う業界の仕組みに驚くばかり主にCPM工法、売る力の大切さを痛感企画住宅商品開発、積算等が主な業務 ここの社長がクレバーホームの実質開発者である福士健郎氏福士氏との出会いが後の独立、住宅CMサービス千葉の立ち上げに深く関係してくる 親会社からの融資が途絶えやむなく解散 

平成14年住宅の設計 グリーンマインドの仕組みに興味を持っていた設計事務所に入社 その仕組みを持ち込もうとするが、専門ではないためあえなく失敗計画段階の打合せ(主に施主)〜現場管理が主な業務社長との考えも似ていてうまくいくと思ったが、施主と設計者の関係に疑問を感じ退社  

平成15年独立「秀記設計工房」を創業 一級建築士所得と共に計画ゼロで立ち上げ主にグリーンマインド時代の千葉での加盟店数社で確認申請図書業務を請負施工者、設計士のあり方に疑問を感じていた私は、普通の設計士とはちがう設計に対する管理ではなく、施工に対する管理、監督を外注で受けるという管理監督業務に着目施工者からでなく管理監督の業務に弱いとされている設計士からの仕事も手掛ける  

平成18年独立起業その2「住宅CMサービス千葉」を創業 初めは住宅CMサービスの内容が理解しにくかったが、創設者の若本氏と会い、話を聞いていく中で、若本氏の姿勢、自分が行きたい方向、何よりこの進んだ社会においても、家作りにかなり苦労している方が多いことを感じ住宅CMサービス千葉の立上げを決意  大切にしていること  コミュニケーション、現場 数々の出会いに恵まれ、今日の自分があります。本当に建主の立場となり施工する会社が少しでも多くなるように、お手伝していきたいと思います。

 

【住宅CMサービス堺・和泉】運営者紹介

兵庫県芦屋市出身。株式会社 住宅みちしるべ代表取締役 太田 周彰さん。

阪神大震災で当時、欠陥住宅と指摘された実家の倒壊で、建築主でもあった祖父を亡くした事をきっかけに建築を目指す。
神戸大学を卒業後、大手住宅メーカーに就職。
トップの成績であった住宅営業から始まり、現場監督を経て、海外の生産拠点において会社の中枢組織である研究開発部に所属。
研究開発部では室内の住環境や住宅の総合環境性能を専門とし、業界初の全館型床暖房を開発。第1回ハウスオブザイヤーの大賞受賞にも携わり、免震住宅の開発も担当する。
起業後は欠陥住宅問題に携わり、被害者救済のための活動を通してその悲惨さを目の当たりにする。
他方、「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」を室内環境学の権威である近畿大学岩前教授と共に立ち上げ、環境省の指定団体として省エネリフォームの普及啓発活動も行う。
欠陥住宅は、起こった後ではどうしようも無い事を痛感し、住宅CMサービスを始めることを決断。
安全、安心な住宅を誰もが手に入れられる事を目標に住宅業界全体における自分の役目について日々考えている。

ブログはこちら →『太田の想ひ』

【住宅CMサービス京都】運営者紹介

住宅CMサービス京都を運営する株式会社ポラリスの高田公雄さん。

住宅コンサルタント & インテリアコーディネーター
京都市在住
1964年7月6日 生まれ
静岡県御殿場市 出身
辰年 かに座 血液型:A型
■経歴
日大三島高校 卒
(タレントの 勝俣 州和 君が同級生でした。
俳優の 柴田 恭平さんが先輩でした。)
バレーボールでインターハイ全国ベスト8になりました。
大阪芸術大学 デザイン学科 卒
工業デザイナーとして、照明器具メーカー、ペット用品メーカー、エクステリアメーカーで勤務
その後、京都のある会社で住宅事業を立上げ、10年余りの間、営業、設計、積算、現場監督など、戸建注文住宅に関わる全ての業務に携わりました。2008年に独立 株式会社Polarisを設立家づくりのサポートサービス行っております。

 

長年住宅業界にいると、世間では「非常識」と思われていることが、自分たちでは気づかなくなってしまうことがよくあります。また、矛盾を感じながらも、日常業務に追われ、徐々にその情熱を失っていく専門家の人たちもたくさん存在しています。

しかし自分ひとりが「業界を変えたい!!」と意気込んでも、なかなか限界があり、容易に変えることは出来ません。

良識を持った業界経験者がネットワークを組むことで、新しい時代にふさわしい住宅産業の再構築が可能となってきました。

『住宅CMサービス』という、新しいサービスとの出会いが、それぞれの地域の専門家の経験と能力を引き出し、ビジネスとしても魅力ある取り組みが出来るようになりました。

ブログはこちら→『京都の注文住宅請負人(施主さんと工務店さんをむすぶ)